進学や就職にあわせて、春に引越を考えている人も多いかと思います。
実際、1月~3月までの時期が不動産会社にとっても一番忙しい時期となります。

さて、例えば来春からの新生活が秋に決まった場合、部屋探しはいつから始めればいいと思いますか?

残念ながら答えはありません。

賃貸の部屋探しには運も重要です。
早めに動いたから良い物件に出会えるとは限らないのです。かといって待てば良い物件に出会えるとも限らないのが難しいところです。

進路が決まったらこまめに賃貸物件検索サイトをチェックして、良い物件を見つけたら即行動すると良いと思います。

 

 

賃貸の空き物件が一番揃っている時期は?

一般的には1月中旬~2月ぐらいがいちばん空き物件が揃っていると思われます。

この時期は、卒業をひかえた学生さんからの退去連絡が入り始める頃で、また、不動産会社が春の繁忙期に向けて空室情報の収集を開始するため、空室情報が集まりやすくなっています。

そしてこの時期は空室物件が決まっていくのも早く、悩んでいる間に他の人にとられてしまいます。学生の場合は合格が決まってから部屋探しに動くため、合格発表がひとつあるごとに部屋が決まっていくスピードは加速していきます。

推薦などで早めに進路が決まった人は、一般入試の合格発表前までに部屋を決めることを目標にすると良いと思います。

早めに部屋を決めるメリットデメリット

繁忙期前(12月ぐらいまで)に部屋探しをした場合のメリットデメリットをまとめました。

メリット
入居までの時間に余裕があるので物件を吟味できる
不動産会社もすいている時期なので、たくさんの部屋の内覧などこちらの要望が通りやすい
デメリット
学生向け物件が少ない
入居日まで日にちが開き過ぎるので、貸主から断られるケースがある
かなり早い段階から家賃を払わなくてはいけない場合がある

繁忙期以外の時期は不動産会社も比較的ヒマなので、お客ひとりひとりに対しじっくりと対応してくれるケースが多くなります。
現在すでに空室となっている物件も多く、繁忙期に比べ、部屋の内覧も十分にできます。いわゆる穴場物件を探しやすい時期です。

一方で、学生に人気の物件は春に入居者が入れ替わることが多く、この時期は学生向け物件は少なめになります。しかし、繁忙期ならあっという間に入居者が決まってしまう人気の物件が、この時期なら内覧や条件交渉など吟味して探せます。

貸す側も、お客の少ない時期に空室を抱えているわけですから、入居希望者には「春からの契約でもOK」などの優遇措置をして、少しでも早く入居者の確保を図ろうとする貸主もいます。

逆に、少しでも早く家賃収入を得るために、春からの入居希望者を断り、すぐ入居できる人を探す貸主もいます。
この場合は契約期間を早めにすることで貸主から了承をもらえることがありますが(契約期間を2月ぐらいからにして家賃を払う)、更新料がかかる賃貸借契約の場合、契約を早めたぶん契約満了も早まるため、卒業までのあと数ヶ月のために更新料を払わなければならなくなる場合もありますので注意が必要です。

 

繁忙期に部屋を探すメリットデメリット

1~3月の繁忙期に部屋を探すメリットデメリットです。

メリット
入居者が入れ替わる時期なので物件が比較的豊富
繁忙期にあわせたお得なキャンペーンなどが行われる場合がある
デメリット
空き予定(今現在は入居中)の物件が多く、部屋の中を見ることができない場合が多い
人気物件はすぐ決まるため、じっくり考える時間がない

繁忙期に部屋探しをするメリットは物件数の多さにあります。入学、卒業、就職、転勤が重なり、空き物件が一気に出てきます。
不動産会社も、早い段階から入居者に退去確認し、空室の確保に奔走します。

学生向け物件は、この時期に入居者が入れ替わるケースがほとんどです。
特に人気の物件になると、途中で退去せず卒業まで住み続けることが多くなりますので、繁忙期に出会う可能性が高くなります。
ですが、退去予定が3月になることが多く、実際に部屋探しをする段階では室内を見られる物件は多くありません。

物件資料と写真だけで物件を決めなければならない上に、繁忙期特有の「早く決めないと他の人に取られてしまう」という焦りから、あわてて物件を決めて、実際入居してみたらイメージと違っていたとなるケースもあります。

繁忙期に部屋がみつからない!最後の手段

大学の後期日程で入学が決まった人などは、どうしても部屋探しが遅くなります。
3月下旬ともなると、めぼしい物件はあらかた借主が決まってしまうため、残った物件の中から「比較的マシ」なものを探す結果になってしまいます。

こうなった場合、最後の手段として検討してみたいのがゴールデンウィークに引っ越すという方法。

繁忙期は「遅くとも4月上旬までに引っ越せること」を条件に部屋を探す人がほとんどです。
そこで入居時期を5月上旬まで延ばして部屋探しをするのです。

急に転勤が決まった、転居先が4月上旬にしか入居できないなど、繁忙期を少し過ぎてから退去をする人も少なくありません。
繁忙期が終わったこの時期なら、家賃の値下げにも応じてもらえる可能性もあります。

「新生活までに引越しなければ」と妥協に妥協を重ねて部屋を決めても、やっぱり不便で再度引越、となるケースもあります。

もし、新生活の最初の1ヶ月を自宅通勤やホテル住まいなどできるのであれば検討してみてはいかがでしょうか。