その他、賃貸借契約にともなういろいろな手続きや書類についてです。

 

 

提出書類

賃貸借契約の締結にはいくつかの書類の提出を求められることがあります。
入居申込書に書かれた内容の事実確認が主な理由です。

一般的な住民票と印鑑証明について説明します。


住民票
入居する人の住民票です。家族で入居する場合は家族全員の住民票が必要です。

住民票の提出は身元確認と本人確認が主な目的です。
役所で住民票を取得できるのは、「住民票に記載されている本人もしくは同一世帯に属する人」とされ、それ以外の方が住民票を取得しようとすると、本人が署名した委任状を提出しなければいけません。
つまり無関係の第三者が本人に無断で住民票を取得するのは難しいこと、あわせて住民票に記載されている個人情報、これらをもって本人確認としています。

現住所と住民票の住所が違っていても問題はないと思いますが、念のために不動産会社に必ず確認してください。

たまに、住民票の住所を新しい住所(これから賃貸借契約を結ぶ物件の住所)に変更して持ってきてくる方がいますが変更は不要です。
住民票の変更は賃貸借契約を締結した後に行ってください



印鑑登録証明書(印鑑証明)
連帯保証人の印鑑登録証明書(印鑑証明)です。
印鑑証明は連帯保証人の身元確認に使われます。

印鑑登録は印鑑により個人を証明するものです。
登録された印鑑と印鑑登録証明書があれば、本人の意思表示であるとされます。