長年住んだ賃貸物件から退去するときはまず、退去することを連絡しましょう。

退去予定の連絡は誰に?

賃貸借契約の取り交わしをしたときに「重要事項説明書」という書類も同時に取り交わしをしているはずです。
この書類の「解約時連絡先」欄に記載されています。「解約時連絡先」がない場合は「管理の委託先」に連絡してください。

退去予定の連絡はいつまでに?

これも「重要事項説明書」または「賃貸借契約書」に記載されています。

通常は1ヶ月~2ヶ月前までに連絡することになっていますが、契約書によっては退去の月は家賃の日割り計算はしないという物件もあります。
この場合、例えば3月1日で退去しても3月末までのまるまる1ヶ月分の家賃を支払わなければいけないことになります。

退去日は未定なんだけど

退去することは決まったけどいつ退去するかは未定の場合は、退去予定の連絡をしても受付てもらえない可能性があります。退去する日にちを確定させてから連絡するようにしてください。

一度退去日を決めて連絡をしたら、その後の日にちの変更は難しくなります。特に、連絡をした日よりも遅く、延期して退去した場合は違約金がかかる場合があります。よく考えて余裕を持って退去日を設定してください。

退去準備

退去日が決まったら、引越の準備を行いましょう。
特に春は混雑し、引越し業者などの予約がとれない可能性もあります。引越し準備には早めの行動が大切です。